夏越の大祓を斎行しました

昨日、6月30日午後6時より夏越の大祓が執り行われました。
神事の始まる時間には少し気温も下がりましたが、連日猛暑日が続いており、
昨日も非常に暑い日でした。
DSC_0491.jpg
お祓いのあと、茅の輪を左・右・左とくぐり、神前に向かい、昇殿の後、参列者
全員で大祓詞を奏上しました。
大祓詞を淀みなく奏上するのは難しいんですが、毎年参加されている方も多かっ
たからでしょうか、皆さん大きな声で上手に奏上されていました。
古来から日本では、言葉には霊力があり、言葉を発することでそれが発揮される
と考えられてきました。
参列された方々は、お祓いの言葉である大祓詞を奏上したことにより、言霊の
霊力で罪穢が一掃され、本来の清らかな身体に立ち返ったと感じられたのでは
ないでしょうか。
式が終わった後は、皆さん笑顔で帰宅されていました。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


夏越の大祓

6月30日18時より夏越の大祓(茅の輪くぐり神事)を斎行致します。
夏越の大祓は、お正月から半年間で知らず知らずのうちに身についた罪穢を祓い
清め、無病息災を祈願する神事です。神職と共に茅の輪を左右左と3回くぐり、
昇殿し、大祓詞を奏上します。
詳細は以下になりますのでご参考下さい。
■ 茅の輪くぐり神事
DSCN1239.jpg
             
【 日  時 】 6月30日 18:00 斎行
【昇殿祈祷受付】 6月30日17:50まで
【御祈祷初穂料】 1000円/家族(撤下品として茅の輪・神菓等を授与致します)
尚、茅の輪は6月28日前後から7月6日頃まで設置していますので、その間は
自由にくぐることが出来ます。
■ 大祓人形(おおはらいひとがた)
当日茅の輪くぐりに参列出来ない方は、人形に罪穢れを託し、これを祓い清めることで
無病息災を祈願します。
人形に名前・年齢等を書き、三回息を吹きかけて体を撫でたあと、30日までに社務所
まで持って来て下さい。
NEC_01061.jpg
【大祓人形授与】 6月30日17:50まで
【 人形初穂料 】 300円(5枚入ってます)
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


ツツジと蝶

境内のツツジが咲いています。
花にはクロアゲハがとまり、脇目もふらずに蜜を吸っています。近寄っても逃げ
ようとしません。
NEC_0100.jpg
アゲハチョウの仲間の幼虫は主に柑橘類の葉を食べています。
神社のある和泉市南部では昔からミカン栽培が盛んな地域なので、神社では
アゲハチョウがよく飛んでいます。
アゲハチョウ、クロアゲハ、アオスジアゲハなど季節によって色々な蝶を
見ることが出来ます。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


ホームページをリニューアル

ホームページを開設してから4年3ヶ月ほど経ちました。この間に少しずつ手直し
をしながら変更を加えていましたが、この度、全面リニューアルをさせて頂きました。
少し小さめのサイズでしたので、横幅を広げより多くの情報を掲載できるようにし
ました。
写真など内容的には旧ページを引き継いでいるものも沢山ありますが、これも順次
更新していく予定にしております。
トップページ以外でお気に入りに登録されている場合は再登録して頂く必要がある
ページがあります。ご不便お掛けいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


梅雨入り

昨日、近畿地方では平年よりも12日早く梅雨入りしたと気象庁より発表が
ありました。25日は晴れましたが、それ以外は最近は曇りや雨模様で、何
となく すっきりしません。
そんな中、今日のお昼過ぎに 境内駐車場へ出てみると、何か大きな塊がある
のを見つけました。近寄ってみると、体長20cm以上はあるウシガエルで
した。どこから迷い込んできたのでしょうか。
 
 NEC_0098.jpg
傘でつついても写真を撮っても全く動じません。放っておくと参拝者の車に
轢かれるかも知れませんので、バケツに入れて神社裏の池へ移動させました。
池のほとりに放した途端元気になり、勢いよく池の中へ ザブーン! 潜って
いきました。
梅雨入り後は、じめじめとした天気が続きますが、梅雨の雨は田んぼを潤し、
秋の収穫に重要な役割を果たします。この雨も本当は無くてはならない恵みの
雨なんですね。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


野いちご

ここ最近は初夏を思わせる汗ばむ陽気が続いていますね。
境内の掃除をしている時、野いちごが実をつけているのを見つけ
ました。
正式には、クサイチゴと言うらしいです。
NEC_0092.jpg
子供の頃、学校の帰り道で 道草をして食べたことを思い出します。
クサイチゴは、境内駐車場のまわりで見ることが出来ます。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


藤の花

境内駐車場の藤棚の藤が咲いています。
NEC_0090.jpg
藤の花は当春日神社の社紋にも使われています。
その由来は、春日神社が、大化の改新で功績を挙げた藤原(中臣)鎌足
を祖とする藤原氏の氏神様であったことに関係しています。
藤原家の流れを汲む九条・一条家などの家紋は「藤紋」です。
藤の花の匂いに誘われて大きなクマバチが花の蜜を求めて飛び交って
います。クマバチは見た目は怖そうですが、比較的大人しく、滅多な
ことでは人を刺したりしないそうです。観察するくらいなら問題あり
ません。
但し、刺されたら相当痛いらしいです・・・間違っても追い払ったりし
ないように注意しないといけませんね。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


落ち葉

落ち葉の季節というと一般的には秋をイメージする方が多い
と思いますが、当神社では春になります。神社には楠が多く
生えていますが、その葉の生え変わる時期が春に当たります。
NEC_0089.jpg
昨日の夕方に落ち葉掃除をしたのですが、1日も経たない
うちに写真のようになってしまいます。
今日もその掃除をしていたのですが、掃除が終わった途端
強い風が吹き、一瞬にして元通りになってしまいました。
これから1ヶ月半くらいはこの落ち葉と はき掃除との追い
かけっこになりそうです。
神社の木々も敏感に季節を感じ、再生を繰り返しながら少
しづつ成長しているんですね。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


春本番

拝殿前の桜が咲き始めました。
神社に植えられている桜の木はこの桜と神馬のところに植えられた桜だけです。
NEC_0087.jpg
まだ3分咲きといったところでしょうか。
ソメイヨシノに少し遅れて咲くのですが、今年はやはり冷え込みが厳しかった
ためか、例年よりも10日前後は遅いようです。
さあ、これからが春本番です。
一年の内でも最も気持ちの良いこの季節にどうぞお参り頂き、鎮守の杜の新鮮
で清らかな空気を感じてみて下さい。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク


東日本大震災義援金ご協力の御礼

昨日の3月16日に初午祭が斎行され、餅まきが行なわれましたが、
その際に東北地方太平洋沖地震で被災された方々への義援金を募集
致しました。
たくさんの方々のご協力により多くの義援金が集まりました。
本当にありがとうございました。
この義援金は和泉市役所を通じて被災地へ送られる事となっており
ます。
神社では、引き続き義援金を募集しておりますので、被災地の復興
のために、ご協力をお願いしたいと思っております。
CIMG2316.jpg
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク