藤の花

境内駐車場の藤棚の藤が咲いています。
NEC_0090.jpg
藤の花は当春日神社の社紋にも使われています。
その由来は、春日神社が、大化の改新で功績を挙げた藤原(中臣)鎌足
を祖とする藤原氏の氏神様であったことに関係しています。
藤原家の流れを汲む九条・一条家などの家紋は「藤紋」です。
藤の花の匂いに誘われて大きなクマバチが花の蜜を求めて飛び交って
います。クマバチは見た目は怖そうですが、比較的大人しく、滅多な
ことでは人を刺したりしないそうです。観察するくらいなら問題あり
ません。
但し、刺されたら相当痛いらしいです・・・間違っても追い払ったりし
ないように注意しないといけませんね。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク

落ち葉

落ち葉の季節というと一般的には秋をイメージする方が多い
と思いますが、当神社では春になります。神社には楠が多く
生えていますが、その葉の生え変わる時期が春に当たります。
NEC_0089.jpg
昨日の夕方に落ち葉掃除をしたのですが、1日も経たない
うちに写真のようになってしまいます。
今日もその掃除をしていたのですが、掃除が終わった途端
強い風が吹き、一瞬にして元通りになってしまいました。
これから1ヶ月半くらいはこの落ち葉と はき掃除との追い
かけっこになりそうです。
神社の木々も敏感に季節を感じ、再生を繰り返しながら少
しづつ成長しているんですね。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク

春本番

拝殿前の桜が咲き始めました。
神社に植えられている桜の木はこの桜と神馬のところに植えられた桜だけです。
NEC_0087.jpg
まだ3分咲きといったところでしょうか。
ソメイヨシノに少し遅れて咲くのですが、今年はやはり冷え込みが厳しかった
ためか、例年よりも10日前後は遅いようです。
さあ、これからが春本番です。
一年の内でも最も気持ちの良いこの季節にどうぞお参り頂き、鎮守の杜の新鮮
で清らかな空気を感じてみて下さい。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク

初午祭のやぐら

本日、朝から総代会により3月16日の初午祭で餅まきを
する為の やぐら が組み立てられました。
NEC_0083.jpg
途中雨に降られたせいもあり、2時間ほど掛かりましたが、
無事組み上がりました。
あとは、当日に紅白幕を張れば完成です。
初午祭当日は、現時点では晴れの予報ですが、その予報ど
おりスッキリと晴れてもらいたいなと思っています。
皆さん、今年は餅まき後に抽選会も行ないますので、どうぞ
ご参列頂き、お稲荷様のご利益を頂いて下さい。
また、お稲荷様にお参りし感謝の心をお伝えするのもお忘れ
の無きように・・・。
 祭典:13:00 餅まき:15:00~ 抽選会:餅まき後
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク

うぐいす

今朝、今年初めて境内でうぐいすの鳴き声を聞くことが出来ました。
うぐいすは別名「春告鳥(はるつげどり)」とも言われ、早春の頃から
その美しい歌声を私達に聞かせてくれます。
あと1ヶ月も経たないうちに境内のあちらこちらでうぐいすの鳴き声
が聞けることと思います。
朝晩はまだまだ冷え込みが厳しいですが、皆が待ち焦がれる春はもう
すぐそこまで来ているようです。
池田春日神社  大阪府和泉市三林町591
   [tel] 0725-55-0627  [fax] 0725-55-0627
   [アクセス] 地図リンク