復旧工事

去年の台風被害の復旧工事が急ピッチで進めています。
これまで順次作業を進めて参りましたが、御代替わりに向けて大詰めを迎えています。

倒壊した拝殿横の神門は、修復作業を終え、隣にある絵馬掛けの作業が進められています。
8月の除幕式から1か月で被害にあった記念事業の奉賛者石碑は、石板の設置作業を今日から行っています。
玉福稲荷神社前の椎の木は、片方の幹が根本から折れたのでもう一方の幹も危険と判断し、伐採することとなりました。本日清祓をし、午後にも伐採作業に取り掛かる予定です。

拝殿・幣殿の修理も残っておりますが、これも順次作業を進めて参ります。


4月 月次祭

本日、午前8時より卯月の月次祭を斎行いたしました。

日差しがあるものの、ひんやりした風が吹き抜ける新年度の始まりとなりました。
境内の枝垂れ桜は2,3輪の花を咲かせていますが、多くはまだ蕾のままです。

そして午前11時半過ぎに新元号が「令和」と発表されました。
発表されて直ぐですので、まだしっくりと来ておりません。「令和」も枝垂れ桜と同じようにまだ蕾なのかもしれませんが、一か月後には花が開くように皆さんに親しんでもらえる元号になっているのではないでしょうか。


初午祭

昨日、午後1時より当神社の末社である玉福稲荷神社の初午祭を
斎行し、3時からは、恒例の餅まきを行いました。

予定をしておりましたいずみ太鼓による演奏は、中止となりましたが、
心配しておりました雨もほとんど降らずにお祭と餅まきを無事に行う
ことが出来ました。
前述のような天気もあって例年より若干少なめの参拝者数ではありま
したが、皆さん生き生きとした表情でお餅を拾われていました。


3月 月次祭

本日、午前8時より弥生の月次祭を斎行致しました。
ここ最近、暖かく感じる日が多くなってきました。
『暑さ寒さも彼岸まで』といわれるように春分の日の頃には、もっと春を感じられるようになるかも知れません。
台風被害を受けた表参道の木々の処理を昨年行いましたが、まだ作業が残っていたものを先月処理致しました。見た目がすっきりとした感じになりました。
社殿や神門も準備が出来次第、修理を行って行きます。その際参拝者の皆様にご不便お掛けすることもあるかも知れませんが、御理解をお願いしたいと思っております。

平成の時代もあと2か月ですね。じっくり平成の時代を振り返り、新しい時代に向けてのステップアップに繋げていきたいと考えています。


ウグイス鳴く

一昨日は春を思わせる陽気で気持ちのいい一日でしたが、今日の朝に 今年初めて境内でウグイスが鳴いているのを聞きました。
暦を表す七十二候という季節の区分に「黄鶯睍睆 (うぐいすなく)」があり、今年は2月9日~13日がそれに当たるのですが、これに少し遅れてた形にはなりますが、神社にも春の気配が感じられるようになりました。
しかし、境内で鳴き声はよく耳にするのですが、ウグイスの姿はなかなか見ることが出来ません。これはウグイスがうぐいす色ではなく、地味な茶褐色の色をしているからなのかも知れません。


(残念ながらウグイスは写っていません)


2月 月次祭

本日、午前8時より如月の月次祭を斎行致しました。
冷え込みの厳しい2月の始まりの朝でした。所々で霜が降りているのが見られました。

他所では、梅の開花の便りも聞かれますが、境内の梅の花は蕾で開花には時間が掛かりそうです。


蝋梅

今日は、しっかりと雨が降りました。
年末からお正月に掛けて晴れの天気がずっと続いていましたが、15日に軽く雨が降ったものの地面深くしみ渡るほどではありませんでした。
今日の雨は、木々にとっても恵みの雨だったのかも知れません。

境内では、蝋梅の花がチラホラ咲きはじめました。


新年明けまして おめでとうございます

平成31年となりました。平成最後の年となります。
午前8時より歳旦祭を斎行し、国家並びに氏子崇敬者の皆様の弥栄を神前にて祈念させて頂きました。
皆様にとりまして昨年はどのような年だったでしょうか?
当神社では、5月に御鎮座1250年の式年祭並びに奉祝行事を執り行いました。御祝いの年で終われれば良かったのですが、後半は9月の台風21号による大きな被害があり、その復旧作業に奔走致しました。
今年は、5月に新しい天皇陛下が御即位される「御代替り(みよがわり)」のおめでたい年になります。昨年の台風被害の復旧を速やかに完了させ、新しい時代の幕開けを晴れやかな気持ちで迎えたいと考えております。
皆様に於かれましては、今年一年が実りある充実した年であることをご祈念申し上げたいと思っております。


冬宮祭と注連縄づくり

本日8時より総代参列のもと、冬宮祭を斎行しました。
そしてその後、注連縄づくりを行いました。
早朝は冷え込みましたが、お昼前には日差しが差して暖かくなり作業もスムーズに進みました。

これを機にお正月を迎える準備が進んで行きます。


12月 月次祭

本日、午前8時より師走の月次祭を斎行致しました。
先月は七五三のお参りで境内は賑わいましたが、12月が始まり新年を迎える準備をする時期となりました。12月11日は冬宮祭で総代による注連縄づくりがあります。12月の1ヶ月はこれらの準備で足早に過ぎてしまいます。

境内では、モミジやイチョウが綺麗に色付いています。