例祭

本日、9時より例祭を執り行いました。
例年とは異なり、新型コロナウイルス感染症対策として、拝殿での参列人数を少なくして斎行致しました。
宮司から奏上する祝詞の中で、通常の例祭の内容に加えて、新型コロナウイルス感染症の鎮静化も併せて祈願させていただきました。

10月 月次祭

本日、午前8時より神無月の月次祭を斎行致しました。

「天高く馬肥ゆる秋」
そんな言葉が自然と浮かんでくるような本当に気持ちの良い天気のおついたちとなりました。
先月のおついたちとは違い、お参りの方々の表情も涼し気でした。

境内の切り株にたくさんのキノコが生えているのを見つけました。
なんていう種類なのでしょうか?キノコには詳しくないのでただ眺めているだけにしておきます。

それと今日は中秋の名月です。きれいなお月様を見ることができそうですよ。

稲穂

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

ここ最近、朝晩はめっきり涼しくなりました。
神社の周りの田んぼの稲穂も随分と実ってきました。
拝殿前ではたくさんの赤とんぼがとんでいる姿を見られるようになりました。

夏の暑さともお別れし、秋を楽しめる季節になってきたようです。

9月4日

ここに折り目が破れた古い祝詞があります。
昭和丗六年例祭と表に書かれていますので、今から59年前の10月6日の例祭の時の祝詞(当時の村田宮司作)であることがわかります。
この年の例祭の20日程前の9月16日に関西地方では、第二室戸台風により大きな被害を受けました。この祝詞の中でも「室戸第二号台風が我が国土を襲ひ世の人達多大な被害を受け・・・」との記述があります。神様の御加護で池田郷では被害が大きくなかったと続いていますが、それでも少なくはなかったはずです。

一方、2年前の今日、台風21号が関西地方に接近・上陸し大きな被害をもたらしました。当神社もその例外ではなく、倒木により社殿が損傷したり、参道が倒木で埋め尽くされたりといった甚大な被害がありました。
本日は、通常の朝拝と共に、神様の御加護の下で神社が多くの氏子崇敬者の方々の協力により台風の被害から立ち直ったことを感謝・奉告し、今後台風による被害が無いよう祈願させて頂きました。

現在、非常に勢力の強い台風10号が西日本に接近中ですが、各地で被害が無いよう或いは最小限に抑えられることを願うと共に、9月4日は我々が経験したこれらの大きな自然の力を決して忘れることないよう毎年御神前にて祈念する日にしたいと思っています。

9月 月次祭

本日8時より長月の月次祭を斎行致しました。

今月も朝早くから多くの氏子崇敬者の方々がお朔日参りにお越しになられました。
皆さんと交わす言葉は、やはり「暑いですねぇ」から始まります。
蝉の鳴き声もいつの間にかクマゼミからツクツクボウシに代わっていますので、この暑さももう暫くの辛抱でしょう・・・と期待しています。

これからは、台風に気を付けなければならない季節です。現在沖縄で被害が出ているようですが、この週末に関西方面にも台風が近づき影響が出るような予想がされているようです。2年前9月4日の台風21号の時のこともありますので、接近する前に事前の準備・対策はしっかりして頂きたいと思っています。

恵みの雨

一昨日、昨日と夕方から夜にかけて雨が降りました。
およそ4週間ぶりくらいの恵みの雨でした。

梅雨時の長雨の時には、もうそろそろ雨がやまないかなぁと思ったり、晴れ続きの猛暑の日には、雨が降らないかなぁと思ったり。
我々は勝手なものですが、そんな気持ちになってしまいます。
なにわともあれ、境内の土地が潤いを取り戻し、ほっとひと安心しています。

ここ4~5年程続いていたクスノキの夏場の落葉ですが、今年はほぼ全ての木々が青い葉を落とすことなく元気にしております。猛暑の最中でもクスノキは徐々に耐性を身に付け病気(害虫?)に打ち勝ったのではないかと考えています。

次はヒトが新型コロナウイルスに打ち勝てるよう、日々朝拝で祈願させて頂いております。

立秋

今日、表参道を歩いているとツクツクボウシの鳴き声を聞きました。
すでに暦の上では、立秋の時期に入りました。ツクツクボウシの鳴き声が聞こえてくると夏も終わりが見えて、そろそろ秋の気配が・・・と言いたいところですが、今のところその気配は全くありません。猛暑真っただ中といった感じです。

そういえば、先月末から雨が全く降っていません。境内の木々たちも首を長くして雨を待っているようです。

8月 月次祭

本日8時より葉月の月次祭を斎行致しました。

本当に雨が多かった梅雨も明け、暑い暑い快晴の8月のお朔日となりました。
朝早くから蝉の大合唱が始まっています。
今日は いつものお参りの方々に加え、土曜日の大安の日ということもあり、多くの氏子崇敬者の方々がお参り下さいました。
また、池田下町で地鎮祭のご奉仕もあり、無事順調に工事が進むこと、ご家族の方々が安泰の内に過ごせることを祈願させて頂きました。

長雨から一転、暑い日差しが続く真夏になります。無理をせず体調管理にお気をつけて8月をお過ごし下さい。

夏の暑さ

長雨が続いた後、本格的な夏がやって来た!と思える程 ここ2・3日ほど日差しが戻り、蒸し暑くなりました。
社務所前では、夏の花 サルスベリ が花を咲かせています。

もうすぐ梅雨が明け、暑い日が続くことが予想されます。今年はマスクを付けてお出かけする方が多いかと思いますが、しっかり水分・塩分補給をして熱中症にならないようお気をつけください。

表参道の電柱撤去

ここ数日、各地で甚大な豪雨被害がありました。お亡くなりになられた方々には謹んでご冥福をお祈り申し上げると共に被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
当神社でも7年前の7月7日に梅雨の長雨で地盤が緩み、表参道の木が根本から倒れ、燈篭が倒れる被害がありました。ここ2年は雨の少ない梅雨でしたが、今年は本当によく雨が降ります。まだまだ梅雨明けには日数が掛かりそうですので、当神社でも今後も気を緩めずに雨の状況を見ていきたいと気を引き締めています。

さて・・・
7月7日に表参道にあった電柱8本を撤去しました。
電線は表参道ルートから裏参道ルートへと着け変わり、台風による倒木で断線するリスクが大幅に低減しました。

表参道は見た目もスッキリし、道幅が広くなったように感じられ、見通しが良くなりました。
春日の神様もこの変化に喜んで頂いていることと思います。

皆様も晴れた天気の良い日にお参り頂き、見通しの良くなった表参道をゆっくり歩いて見てください。