5月 月次祭

本日、午前8時より皐月の月次祭を斎行致しました。

お参りされている方はご存じかと思いますが、先月の緊急事態宣言の発出後から拝殿と末社の鈴緒が使えなくなっています。ちょっと寂しい感じもしますが、その分 境内でさえずる鳥たちの声や玉砂利を踏みしめる音、風が木々を揺らす音など良く聞こえてくるような気がします。

境内では新緑が美しい季節となりました。木々の生命感が溢れる様子を感じることが出来ます。

月次祭 一般参列中止

4月1日に続き、明日5月1日の午前8時に執り行う月次祭も宮司のみ拝殿内で執り行い、一般の方の拝殿内での参列は中止いたします(拝殿前での参列は可能です)。

緊急事態宣言下。皆一緒に辛いこの時期を耐え疫病に打ち勝ちましょう。

昭和の日

今日は『昭和の日』。趣旨は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」です。そこでちょっと昔を振り返る、昭和な写真を紹介します。昭和の40年代前後の神社の様子です。


 昭和41年 儀式殿竣工奉祝 稚児行列


 境内でのラジオ体操


 建設中の儀式殿(光明殿)


 鹿遊園(境内で鹿を飼育していた‼)


 工事中の手水鉢(奥には鹿遊園も)

工事のお知らせ

現在、拝殿南側にて、足の不自由な方の為の通路を整備する工事を行っています。
今後、境内南側に駐車場を整備し、車椅子や足の悪い年配の方が拝殿前正面の石階段を昇らなくても、この通路を通って拝殿前まで参拝することが出来るようになります。

工事の間は何かとご迷惑をお掛け致しますが、御理解・ご協力をお願い致します。

4月 月次祭

本日、午前8時より卯月の月次祭を斎行致しました。

雨ですね。朝早くからは まだ弱かった雨脚も午後に入るとだんだんと強くなってきました。
本日は大安ということもあり、朝から地鎮祭のご奉仕に行かせて頂きましたが、何とか小雨で済んだので良かったなと思っています。

新型コロナウィルス感染症がいよいよ世界規模で大変な状況になってまいりました。神職として感染症が一日も早く鎮静化するよう日々祈願させて頂いております。しかし、もう他人事では済まされない状況にまで間近に迫っているのではと感じています。いつ感染してもおかしくないと。皆様も予防の為に十分な対策をして頂きたいと思っております。

少し心和む話題も最後にお伝えします。
先月に比べると暖かくなり境内では数種類の花を見ることが出来ます。拝殿前の枝垂れ桜も少し咲き始めました。ということで昨日撮影した境内の花の写真を数枚ご紹介しておきます。
では良い4月をお過ごしください。

月次祭 一般参列中止

3月1日に続き、明日4月1日の午前8時に執り行う月次祭も宮司のみ拝殿内で執り行い、一般の方の拝殿内での参列は中止いたします(拝殿前での参列は可能です)。

新型コロナウイルス感染症の蔓延が深刻度を増して参りました。氏子崇敬者の皆様におかれましては感染しないように細心の注意をして頂くとともに、十分な休養・睡眠、食事等で免疫力を高めておいて頂きたいと思っております。

クスノキの落ち葉の下に

表参道奥のクスノキが葉を落としています。春が近づき暖かくなるにつれ落ち葉が増えていきます。これからは境内の掃除が大変になってきます。
掃き貯めた落ち葉の下にカブトムシの幼虫を見つけました。 
昨今、新聞やテレビのニュースでは新型コロナウイルス感染症の話題が中心となっています。このカブトムシの幼虫が羽化し、土の中からひょっこり顔を出す頃にはこの感染症も終息し、日本中がオリンピックで盛り上がっているのでしょうか?
我々はそれまでに出来る限りの努力をした上で、あとは神職として神様に早期終息の祈りを捧げるしか他ありません。

玉福稲荷神社の初午祭

昨日、午後1時より当神社の末社である玉福稲荷神社の初午祭を斎行しました。
生憎の雨天となり、総代40名傘を差しながら参列頂きました。
また、3時からの餅撒きは、新型コロナウイルス感染症等の拡大予防と参拝者の皆様の健康と安全を考慮し、「撒かずに均等に配布」とさせて頂きました。餅撒きを楽しみにされていた方々には、このような対応となり誠に申し訳ございませんでした。また雨天ということもあり、例年よりも大幅に少ない参列者でした。
来年の初午祭は令和3年3月23日(水)です。是非良いお天気で斎行できることを期待したいですね。

初午祭の餅撒きについて

明日、3月4日の初午祭の餅撒きですが、協議の結果、お越し頂いた方々に「撒かずに手渡し配布」へ変更となります。
昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大予防へ配慮し、皆様の健康と安全を神社側として考慮した為です。
尚、開始時刻(15:00)に変更はございません。
皆様におかれましては何卒ご理解をお願い申し上げます。